転職に有利な資格とは?

転職を機に資格を取得

 転職を考え新しい道に進みたいと考えている方にとって、資格を取得しようというのはとても良いチャンスです。求人でも資格を必要としている求人もあるため有利に働くと考える方も多いかもしれません。しかし、転職の際に取得できる資格には限度もあります。これから学んで資格を取得するまでにかかる期間やお金なども当然考慮しなければなりません。しかし、実際の求人では資格を問わないものが7割を超えています。そのため、職業の多くが資格よりも実務経験を重視しているという事が分かります。

 

資格を求めている求人は専門性のあるもので限定的

 資格を持っている事を条件にしている求人では、医療系、建築や土木などの技術系が最も多く、続いて営業、サービス不動産などとなっています。やはり医療系は専門的な知識が無ければなりませんし、一定の期間学ぶ必要があります。建築や土木でも同様です。転職の時に身に着けていくにはハードルが高いというのも現実です。それよりも、過去の職業での経験をどのように生かしていけるのかにポイントを絞って転職先を見つける事が大切です。また、自分が経験している事は他職業では経験していない事も多いため、気づかないけれどアピールポイントとなっている事も多いので、見つめ直してみる事をおすすめします。