転職したい人女性がが陥りがちな落とし穴

 少し前なら女性が結婚することになったら寿退社が当たり前の世の中でしたが、現在では結婚や出産をしても、しばらくしたら社会復帰し、自分の積み重ねたキャリアを守りつつ、社会人・母親・妻と何役もこなしつつ働きつづけたいと望む女性も多くなっています。ですが、将来のキャリアばかりに目を取られ転職してしまうと、思わぬ落とし穴にハマることもあります。

 

間違った先入観で周囲が見えなくなる

 将来の事を考えて、今から待遇の良い会社に転職しておきたい。将来の事を考えるのは確かに大切なことですが、まだ結婚もしていないのに先の事ばかりを気にしていては、あれもこれもと中途半端になってしまい、結局何も身につかないことがあります。今仕事が楽しいなら、できる限り今の仕事を極め、結婚と出産をしても使えるスキルを身につけておき、将来に活かした方が将来にはきっとプラスに転じます。

 

 

有名企業がいいではなく、働きやすさ重視でいよう

 確かに上場企業などは福利厚生面でも優遇されていて、給与も良いかもしれませんが、残業が多い、休日出勤があるなど、労働条件が厳しい場合もあります。そんな状態では、何のために働いているのかさえ見失ってしまうことがありますので、自分がしたい仕事なのか、育児休暇などはちやんと取れるのかなど、最近では中小企業でも人材育成のために制度を充実させている会社もありますので、まずは働きやすさ重視で転職活動をしていきましょう。